読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地方経済の救世主『ヤンキーの虎』

 

 

ヤンキーの虎

ヤンキーの虎

 

 

【本のメモ】

 
◯ ヤンキーの虎 の特徴
 
地盤引き継ぎ型と成り上がり型の2種類がいる
 
-サービス業や販売業のフランチャイズが主体
→地域密着で顧客情報や売る力を持つフランチャイジーの方がFCをする本部よりも優勢な状況
 
-本社一社で儲かることはなんでもやってる
 
-M&Aでの拡大(やる気無くしたもう伸びない地方会社か東京から来た会社の撤退時に人材獲得
 
ヤンキーの虎の家は地域の大地主なことが多い
 
地域の政治経済の流れ:
建設業 議員なれると国から仕事もらえるから→(小泉内閣公共工事減)→フランチャイジーのヤンキーの虎が力を持つように
 
地方から東京に来て通っている主なセミナー例:
 
 
縁や運、風水・パワーストーンが好き
 
2025年以降は日本市場縮小から虎同士の食い合いに
 
-2020年以降の人口減少の早まり
 
- 日本の地価は1/3になる 三浦展
 
 
◯各事例
 
・株式会社ファーストグループ
 
代表 大手通信会社勤務
自動車整備市場 5.5兆円
(自動車業全体 数百兆円
 
2003 親父の事業を継いで入社 年商1億6千万 赤字7000万
普通5名 ここ24名
フランチャイズ化、コスト削減でV字回復
 
1社企業で先行きがあまり見えないながら、ある程度、経営素養や管理力を持つ整備業社を買取っていく
提供価値は顧客情報・ノウハウ提供、数社任せる→年収増
 
整備業と車販売業は相性がよい
 
レストランやカフェなどもやる
 
 
社長 和佐見勝
 
- 物語
 
母の結核→治したい→金が必要→(周りから進学を薦められたも)中卒で青果へ弟子入り→19で青果独立→2ヶ月千葉でやったも売り上がらず東京へ→朝取りを17時までで売り切りにて評判→順調に伸びるも24で保証人トラブル(当時は法の保証がない)でトラック1台以外の全財産を失う→友人のトラック会社の無礼な応対の様子から商機を知る→失った3ヶ月後にその1台で運送業を始めるも2ヶ月半は受注が取れなかった→取れてからは回るようになったが人材苦、その解消として業界の2倍の給料で雇う(その代わり3倍働いてもらう)ことに→売上とコスト(人件費、トラック数)が比例型のビジネスである運送以外、出荷領域等にも拡大→国のあっせんを獲得し物流業へ、3PLでバックエンドのお手伝いをしマツキヨ(当時153店舗)と組みともに拡大→新卒採用(年齢差で浮いた人件費を人材教育に投資)や協力外部者等の人材教育に力を、売上の2%以上→上場へ
 
1945年生まれ→1969年24歳運送業起業→2014年69歳東証2部上場 (45年)
 
 
マツキヨはおそらくこの協業を機に一気に店舗数を増やし拡大へ
 
1975年4月3日 - 株式会社マツモトキヨシに改組(当時の保有店舗数72店舗)
1981年 - 100店舗達成。
1988年11月 - ホームセンター事業に進出。ホームセンター南増尾店を開店(270号店、2011年5月に閉店)
1994年3月 - ロードサイド型店舗第1号店となるドラッグストア柏加賀店を開店(342号店)
1995年3月 - 売上高業界第1位
 
・コシダカ
"腰が低い腰高です"笑
 
利益率10%以上
居抜きからの買取出店
あまり新曲を歌わないシニアが朝9時から菓子持ち込んでおしゃべりメイン、たまに歌いに来店する→稼働率高&コスト低
 
-カーブス 総売上の42%
60-70代
 
いわばチャットルーム
本当のコンテンツはお客様自身
場所だけ提供の居場所ビジネス
 
スーパー銭湯にも参入
 
 
・元ヤンキー現ナショナルブランド
ヤマダ電機 群馬(地方ネットワークで販売力伸ばす
ニトリ 北海道
ユニクロ 山口 (父が元々男性衣料品をやってた
イオン
 
 
・ウチヤマホールディングス
不動産→介護→カラオケ&居酒屋
 
 
◯日本停滞の要因とは
 
・伊藤レポート
 
日本停滞の3つの要因:
 
①問題を起こさないことが重要な大企業の任期が4-6年でのちに会長職、特別顧問と15年ほどの安泰を狙うサラリーマン経営者
 
大企業の現金内部留保300兆円
裏目な意味での選択と集中、失敗してるのは潰す(そしてその判断、効果測定は3-4年内)
株価下がってもクビにはならない(英米の株式報酬制と動機付けがが逆 
*日本取締役協会WEB
 
経団連守旧派、このレポート反対
 
②企業を選別できてない機関投資家ファンドマネージャー
 
スチュワードシップコード
 
ISS 助言会社 
2015年 社長のクビを決めるROE基準
 
③現預金870兆円を抱え込む個人(その6割は60代以上
 
日銀の発行貨幣を増やしお金の価値を減らす量的金融緩和・NISA・マイナス金利
黒田バズーカ
 
→1200兆円ほどの現金が回るように
 
◯あとがき
そのリターンは上場してるけどあまり知られてない地方会社から
 
多摩でサロネーゼ オフキャリアの方等に向けた居場所ビジネス「コンティ」を立ち上げ中である。